ベトナム経済金融専門情報サイト。今のベトナムを知る深堀り情報が満載です。最新ベトナム経済情報を現地より毎日お届けしています。
ようこそ ゲスト様   
企業調査企業データベース市場調査視察手配日越翻訳工業団地紹介
HOME政策産業日系企業統計チャート金利為替債券ファンド商品
日系
        
SBIホールディングスなど3社、FPTと共同でマーケットプレイス事業に参入 
2014/12/05 17:09 JST更新


(C) Sendo 写真の拡大
  SBIホールディングス株式会社(東京都港区)、イーコンテクスト・アジア(econtext Asia Limited、香港)、ビーノス株式会社(BEENOS、東京都品川区)の3社は、FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)及びFPT傘下のFPTオンライン(FPT Online)との共同出資で、オンラインマーケットプレイス「Sendo」<http://www.sendo.vn/>を合弁事業化する。

  「Sendo」は、ベトナムの20~30代の若者向けのアパレルを中心とした商品を幅広く取り扱うインターネット上のモールで、2014年度の年間取扱高において、ベトナム最大のオンラインマーケットプレイスになると見込まれている。

  「Sendo」運営会社はSendo Technology JSCとして5月13日に分離・独立したが、SBI、イーコンテクスト・アジア、ビーノスの3社を引き受け先とした第三者割当増資を行い、合弁事業化に合意した。

  ベトナムにおけるインターネット普及率は2013年時点で36%、EC市場は22億USD(約2640億円)に達し、2015年には40億USD(約4800億円)まで成長すると予測されている。こうした現状を背景として、合弁各社は今後ますますインターネットサービスやインフラサービスの需要が高まることを見越し、共同出資によるマーケットプレイス事業への参入を決めた。

  SBIホールディングス、イーコンテクスト・アジア、ビーノスの3社は、今後「Sendo」をベトナム最大のマーケットプレイスに成長させていくと共に、マーケットプレイス上でのエスクロー決済サービス「SenPay」を通じたオンライン決済関連サービスの強化、また周辺のインフラサービスの充実を目指し、ベトナムにおけるECマーケットの成長に寄与していく方針だ。

[2014年12月5日 SBIホールディングス株式会社ニュースリリース]
その他の日系関連記事
VIETNAM ECONOMIC & FINANCIAL REPORT
© Copyright 2011-2019 Vefr.net. All rights reserved.

Edited by Viet Economic Research & Advisory Corp. (略称: VERAC) 会社案内
Address : 2F Loyal Building, 151 Vo Thi Sau St. Dist. 3, Ho chi minh city, Vietnam
Tel : 84-8-3820-6800 / 6892 Fax : 84-8-3820-6893 Email : info@vefr.net

トップに戻る